モノクローム@Roma

久し振りの投稿です。投稿が遅くなってしまい大変申し訳ありません。日本に帰ってきたばかりでバタついていたのと、ブログの移行に時間を取ってしまいました。

皆さんは前回の投稿で、メキシコシティのコンデサ地区を紹介したのを覚えていますか?

まだ見ていない方は戻ってチェックしてみてください!

↓↓↓↓↓

ゆうばえ@La Condesa

 

今回はもう一つの私の好きな地区。ローマ地区とメキシコシティの中心街を紹介しようと思います。ローマと言ってもイタリアの方じゃないですよ?メキシコです(#^^#)

 

映画「Roma/ローマ」

「ローマ  映画 賞」の画像検索結果

突然ですが皆さんは映画「Roma/ローマ」をご存知ですか。

12月にNetflixで全世界同時配信された本作は、ヴェネツィア国際映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞したほか、ゴールデングローブ賞で監督賞と外国語映画賞の2部門を受賞。さらに第91回アカデミー賞では計10部門にノミネートされました。

監督は「ハリーポッターとアズカバンの囚人」なども手掛けたアルフォンソ・キュアロン監督の半自伝的映画となっています。

UWCの友達に紹介されて知ったこの映画は、1970年代のメキシコの社会的矛盾を描写しています。経済的差別、女性差別、学生大虐殺、人種差別、地震など様々なトピックが映画の中に凝縮されています。

しかもメキシコの歴史的背景を知らないとこの映画からこのような要素に気付くのは難しいでしょう。「映画を見る側」次第で感想もガラリと変わってくるとても奥の深い作品だと思いました。

実際に監督も「無理やり見せようとはしていない。それらはただそこにあり、感じ取るかどうかは見る側次第だ」。という風におっしゃっています。

私なんかが映画の批評をするよりもとりあえず映画を観る事をお勧めします。Netflixでも観る事ができますよ!

いざ映画の舞台へ

私はどうしてもこの映画が撮影されたこの場所に行きたかったので、訪れることにしました。

朝です。鳥も啼いている閑静な住宅街。

ここでは1971年に「血の木曜日事件」が起こりました。政府に反感を持った学生たちがプロテストを起こし、政府と対抗。30年後の2000年代に入るまで事件の真相は明らかになりませんでしたが少なくとも120人の人が亡くななったことが分かっています。

そんなことも考えながら。

高校生の一人旅を再開。。

 

行きたかった図書館カフェに着きました。本を手に取りながら食事を楽しむことができます。オレンジジュースもその場で絞ってくれました。ここで人生初のサボテンのスープを口にしました。

サボテンは個性が強いわかめのような味。初めは慣れませんでしたが、食べているうちに癖になるような味と食感。

Mercado La Ciudadela(シウダデラ市場)へ。

午前中は行きたかった市場でアクセサリーなどを物色しました。アステカ文明のネックレスや指輪が多かったです。UWCを含め、流石に一年も中南米で生活をしていると値段交渉が上手くなりますね。8割~6割くらいまで値下げはできます。これからも値段交渉レベルを磨いていきます!(笑)

日本語を勉強しているというご主人。商売もお上手です。

赤ちゃん服のお店。

手作りの置物。素敵。

可愛いカップケーキのお店。

しかしここでお腹を満たす訳にはいきません。なぜなら絶対に行きたいお店があるから。

ローマ地区で一番行きたかったパン屋さん。Panaderia Rosettaです。最近メキシコシティの流行は焼き立てのパンを目の前でサーブしてもらえるお店です。その中でもこのお店はフレッシュな材料を使ったパンでとても人気なお店です。

 

「panaderia rosetta」の画像検索結果

目の前でパンをサーブしてもらえます。

私はオリジナルブレンドの珈琲と、おすすめだというグァバのパンを頼みました。甘酸っぱいグァバとサクサクのクロワッサン生地がとてもマッチしています。気づいたら3個食べていました。テイクアウト用に5個追加で注文。これだけ頼んで200ペソ(1000円)くらい。物価が安すぎる。。。

こんなに美味しいパンは初めて食べました。またこのパンを求めメキシコを訪れます。

さっきの市場で買った服などで両手がふさがっていたのでどう街を散策しようか悩んでいましたが、優しい店員さんが「ここに置いて行っていいよ、また後で取りにおいで。」と声をかけてくれました。お言葉に甘えて荷物を置かせてもらいました。

その後はお洒落なメルカドとして有名なMercado Roma(ローマ市場)まで。

「mercado roma」の画像検索結果

オレンジで統一されたかっこいい市場です。

「mercado roma」の画像検索結果

服やスパイス、果実なども売っていますが、半分はフードコートでした。

外に出て屋台発見。

どれも10ペソ(50円くらい)。フルーツ1カップ分。

Nintendo Cafe らしいです。中は個室みたいになってて友達とゲームを楽しみながらカフェを楽しめるそう。ちなみにこの写真の絵は、店長のご主人が自分で描いたものなんだとか。

魅力あふれる素敵な地区、ローマ。ぜひメキシコを訪れた際は訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020

テーマの著者 Anders Norén