きずな@Montezuma

最高の二日間。

はっきりとそう言える週末でした。

鮮明に覚えているうちにこのブログに綴っておきます。

今回はコスタリカ共和国のニコヤ半島の南部に位置する海岸、Montezuma:モンテズーマまでの旅行です。

UWC Costa Ricaの寮(レジデンス)にはコスタリカの各ビーチの名前がついています。その中で私はMontezuma:モンテズーマ という寮に住んでいます。もう季節は春になり、5月に卒業を控えるセカンドイヤーとの最後の思い出としても、寮と同じ名前のついているこのビーチに毎年Residence Tripとして来るのが恒例行事となっています。

夜中の二時に出発。

皆で食料や木材、荷物をバスの上に積みます。

二時間かけてバスで太平洋に面する港まで。

午前4時。まだ暗闇に包まれています。

日が出始めた頃に出向。気温は20度ほど。風も気持ちいい。このフェリーは1日5回運航していて料金はたったの810₡(180円)と激安。

船上から見える日の出はとても美しいです。

一時間半の航海の後にニコヤ半島の港まで到着。

そこからバスでさらに二時間半かけてやっとモンテズーマに到着です。

計6時間かかりました。しかし深夜に出発していて、バスの中でずっと寝ていたのであっという間の到着でした。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d696126.6393717154!2d-84.74111655925495!3d9.629084342536531!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x8f9f65041604bffb%3A0x5330bbd371bfc99!2z44OX44Oz44K_44Os44OK44K5IOOCteODs-OCv-ODu-ODleOCpyDjg5fjg6njg6Tjg7vjg6Ljg7Pjg4bjgrnjg54!5e0!3m2!1sja!2scr!4v1554783761427!5m2!1sja!2scr&w=600&h=450]

UWC Costa Ricaのバス。

散歩がてら街を散策しました。

カラフルなショップ、アクセサリーやハンモックのお店が多かったです。

そしてビーチへ。

La Playa Montezuma モンテズーマビーチ

美しい景色でしたが、いざ泳いでみると波が高く少し危険。高い波では8mを超えるものも。周りも「Tsunami! Tsunami!(津波!津波!)」と言っています(笑)それでも波に揺られること1時間。

動物も沢山。

そのあとは滝に向かいました。

滝では上からジャンプしたりとても楽しめました。

滝でのジャンプ

夜はbonfire(焚火)をしました。

徐々に太い木を足していき安定した炎を得る。
無の感情で焚き火が燃えているのを見つめつつ、ゆっくりと木が細っていくことで変化していくバランスから次にくべる薪の位置を考える。
慌ただしいわけでもなければ暇なわけでもない、その焚き火の絶妙な要求速度が私の生きるペースに合ってるのかな。

無の感情で炎を見つめていたはずなのにとても切ない気持ちになりました。

あと少しで、一緒に過ごした仲間が世界中にまた散っていく。もう一生会うことのない仲間もいる。

焚火は人を感傷的にさせますね。

bonfire event

その日の夜空は忘れられません。

先輩がカメラで撮ってくれました。

2日目。日曜日の朝。

日の出を見るために早朝4時に起床。最初は道に迷い1時間ほど山道を進んでしまいました。その後迷っていることに気づいた私たちは海に戻り、海岸沿いを歩きました。歩くこと30分。散歩途中にたくさんの面白いものを見つけました。

たくさんの看板
積み上げられた石たち

3km北に進みました。着いたのは隠れたビーチ。 Playa Grandeです。意味は「大きなビーチ」。その名前の通りとても広かったです。しかも車では来ることができないのでそこにいたのは私と友達の二人だけ。モンテズーマのビーチと違い、波はとても穏やかです。

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d13497.633578657824!2d-85.06765045142619!3d9.662780304784118!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x8f9f64c1602c605f%3A0x5b7b65a13a7fc068!2sPlaya+Grande!5e0!3m2!1sja!2scr!4v1554788671977!5m2!1sja!2scr&w=400&h=300]

ちょうど朝日が見えました。

ヤドカリの群れ

巻貝を背負いながらトコトコ歩いているヤドカリがとてもかわいいです。

カニも隠れていました。

古びた家も発見しました。昔だれかが住んでいたのでしょう。

長い竹が落ちていたのでそれを使ってココナッツの実を取ろうと、格闘すること30分。結局取れませんでした()。

それでも美しい朝日を見る事ができて大満足です。

帰りのフェリーではかき氷アイスを頼みました。

夕陽を見ながらのアイスはとても美味しかったです。

時はあっという間に過ぎていきます。

美しい景色、美しい自然は、人の心を美しくする。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しています。ポチっとワンクリックよろしくお願いします!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020

テーマの著者 Anders Norén